最新記事

October 3, 2018

今の日本の社会が、社会的地位の優位な人間が便利になるように

作っている社会の常識、社会の普通。

働く女性を増やすように、共働き家庭を増やすように変革中の日本

だけど、

子育てに専念したい人がいるなら、

次の社会で活躍する子どもを育てる、それも立派な仕事で

そうする自由が在ると思う。

子どもを産まず、キャリアを守る女性もいていい

どちらも、いいと思う。

いろんな人がいるから社会がバランスよくまわるのだから、

働く女性ばっかりでも、子どもを産まない女性ばっかりでも、子育てに専念してる女性だけでもいけなくて、

いろんな人がいるから、居心地の良い社会が出来上がっ...

August 30, 2018

先日、兵庫にお住いのpinkoi友達のmiminuanさんと大阪でランチをしてきました^^

とても物腰の柔らで、でもバイタリティがあるのが感じられる、

素敵な刺繍作家のお姉さん。

お会いするのは二度目なのに

子どもの年齢も近くて、

私が住んでる近所に、住んでらっしゃったこともあるとかで

台湾の話、創作のモチベーションの話、材料の話、発送方法から

思春期の子どもの話や、進路まで

私の地元のオムライス屋さんのティラミスやさんが美味しい話

いっぱい喋ってあっという間に4時間が過ぎ、

子どもが帰ってくるので、しぶしぶ帰宅(笑)

ものを作る、表現するというアウトプ...

August 13, 2018

先日、レザーで世界に一つだけ、一点もののバッグや小物で唯一無二の世界観を表現されている、eri's artのエリさんにお会いする機会があり行ってきました。

ずっと昔から作品を目にする機会が多く、気になる存在で、

まさかお会いできる日がくるとは^^

頭で考えるより先に、理解するより先に、

多分、私の人生で何か変わるような気がする、そんなターニングポイントになる

と感じた。

そういう時の自分の行動力はすごい、いろいろ考える前に

ものの5分でメッセージを送っていた(笑)

お会いした後から、しばらく経って思うことは

自分が自分らしくいることで、自分の世界がで...

July 29, 2018

リネンのバッグばかり作っている私のバッグ事情。

July 8, 2018

やっと晴れた、やっと晴れた、京都。

私の住んでる地域は5年前に河川が氾濫した地域だったのでまた、

あの時みたいになったら、という不安と前に比べたら大丈夫、

なんて思いとの間で右往左往しながらなんとか無事大雨を乗り切りました。

被害に遭われた地域の方にできることを思いながらも、

まず、自分の命があることに感謝して

今の自分の届く範囲の大切な人に優しく、

心を込めて真摯に接することかなと、

自分の身の丈にあった生活の中で

寝て、食べて、丁寧に、やれることをやっていく

そんな土台の上に

やろうと思っていた事や

会いに行こうと思っていた人

伝えようと思っていた事

やれ...

May 20, 2018

 昨日、ちょっとしたご縁をいただきまして、

がま口屋さんのプセットさんにお伺いしました。

プセットさんはがま口の鞄屋さんで、

たくさん入る鞄ではなく、最低限の荷物しか入らない作品が多い、

と言うところから

安部公房の「鞄」の話になりました。

私が中学か?高校か?もう忘れたけど

国語の授業で習った安部公房の「鞄」

主人公の男が、重たい荷物を持ち続ける男に出会って、

その男は荷物によって行動を制限されているのに手放さなくて、

しまいに主人公はその荷物が持ちたくなって、

主人公も手放せなくなる、みたいな話だったように思う。

学生の時は、取り憑かれるみたいな感じで

...

February 5, 2018

懐かしいなぁという感覚は

とても癒されるような感じがするなと

不思議だなぁと思ってたら

ジブリの立体建造物展を見に行った時に

答えを見つけた気がした。

懐かしさを感じることは、

変化していく自分への不安を

懐かしさに浸かることで

変わっていない自分を確認して

安心するんだと、

変化することは自分じゃないものになるような気がして

嬉しいことだけど、怖さもある

どれだけ成長しても、変化しても

変わらない自分はちゃんといる

懐かしいと思うことがそれを証明してくれる

そういうことかな

と思った。

February 4, 2018

今日は2月で寒いのに

今日は春が立つ日

まだまだ天気予報には雪マークがつく毎日で、

最低気温はマイナスになりますが、

しっかり、日差しは高く、明るく

春の日差し

そんな普通のことで、毎日が変化してることが感じられて

寒い日にも終わりがくると思うと

ワクワクしてしまいます。

冬から春

夏から秋

この時が私には、わかりやすく感じられるけど、

24節のたびに日差しは変わってて

感じる光の高さが

違ってて

暦ってすごいなぁと

昔の人はそんなことを感じられる毎日だったのかと

それってすごく繊細で

毎日こんなワクワクがあるのかと思うと・・・

素敵だ。

January 27, 2018

心臓病の息子が入院して、退院するたびに

平凡のありがたさを感じる

ふつうって

平凡って

すごいことで

朝起きて

家族がいて

バタバタしながらお弁当作ったり

ゴミ出したり

子ども送り出して

仕事行って、帰ってきて

ご飯食べてって

幸せは日常の中にあって

それは平凡な毎日の中にいるだけでは

鈍くなって、気づきにくいから

それを思い出させてくれるのが

ちょっと普通じゃない日々

やっぱりふつうが一番幸せで

ふつうってすごい。

January 14, 2018

恥の文化と外国から揶揄されるくらいの日本で

欧米的な、

個人主義の風が吹いてる今は

人の目を気にせず、自由に!なんて言葉が色んなところで

発信されてて、

それっていいなぁってすごく思うのだけども、

その反面

日本人の血が流れてる私は遺伝子レベルで

恥の文化が染み付いている気もする

あるものを否定して、自由をになっても

何か違う気もするし、

どうせ人目が気になるなら、

大好きな人の目を気にしようと

尊敬する人の目、憧れる人の目を気にしたら?

あの人なら、なんていうかな?って

今の自分をみたら、面白がってくれるかな?

って考えたらちょっと楽しくやれる気がする。

Please reload

May 20, 2018

February 5, 2018

February 4, 2018

January 27, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload